<!–IMG(1.jpg,400,left)–>

建設業者の方にとってはプレカットという言葉はよくご存知でしょうが、なかなか一般の方はこの「プレカット」という言葉を耳にしたことがないのではないでしょうか。近年の木造住宅の最も大きな変化の一つとして「プレカット」があります。プレ=事前に、カット=加工するという言葉の日本での意味は、日本古来の職人による手で加工していた木材を機械で加工することを意味しています。

※工場全体写真

 プレカットが建設業界にもたらした最も大きな効果の一つは、工期短縮によるコスト削減だといわれています。当社、佐賀支店に導入した加工機では1日=約40坪(1棟分ぐらい)の木材の加工が可能になりました。手で木材を加工した場合は物件にもよりますが、1〜2ヶ月の加工が必要だといわれています。その期間短縮をした期間にかかる経費を削減できることが最も大きなメリットなのです。

<!–IMG(2.jpg,400,right)–> 

※プレカットにより加工された木材


<!–IMG(3.jpg,400,left)–> 7月初旬より本格稼動予定
<!–IMG(4.jpg,400,left)–> <!–IMG(5_2.jpg,400,left)–>
※桁材を加工中
柱材を加工中
大型モルダー加工機

<!–IMG(IMG_2235.jpg,400,left)–>

 お客様に良い商品を提供することを最大の仕事だと信じ、これからも新しい技術を取り入れながらお客様に提供できるプレカット工場を目指したいですね。

記事に関するご感想をぜひお寄せください。

最新記事

ブログカテゴリー

営業日カレンダー

=PR= フローリングのキャスオンラインショップ